業務内容

にしてんま法律特許事務所業務内容

■ 離婚

rikon

当事者が感情的になって話し合いが進まない場合には,代理人が必要です。代理人が就けば,法的に正確な知識をもって話し合いを進めることができます。
ひとりで抱え込まずに,早い段階でのご相談をお勧めします。財産分与・慰謝料・親権・養育費等,離婚をする際に必要となる法律的な知識を提供し,一緒によりよい解決策を模索してゆきます。


■ 交通事故

jiko
交通事故が起こると大抵の場合,事故の発生状況や損害の実態等をめぐり当事者間の主張が食い違ってきます。
適正な賠償金額の算定,示談交渉といった手続きにも専門的な知識が不可欠です。交通事故でトラブルが発生した場合には,お気軽にご相談下さい。


■ 労働問題

roudou最近よく耳にする「ブラック企業」という言葉は,新たな社会問題となっています。
また使用者が「ブラック企業」にまでは至らなくとも,社会的弱者である労働者に対して,法的に問題のある形態での雇用がされているケースは散見されます。
不当解雇,残業代請求,未払い賃金請求等のご相談に応じます。


■ 借金問題

shakkin消費者金融からの借り入れや,住宅ローンの返済や日常生活を営むうえで誰もが直面しうる借金にまつわる諸問題について,現状を正しく聴き取ったうえで,依頼者にとって最善と思われる解決策を提案し,生活再建の手助けをします。


■ 遺産相続

isan被相続人の最終意思として大切な方に財産を引き継がせるためには,遺言が不可欠です。
また遺言がされていない場合,遺産は民法に基づく法廷相続により分割されることになりますが,親族間では円滑な遺産分割協議ができず,法廷にまで持ち込まれることも珍しくありません。
紛争予防のための遺言書の作成,または既に作成済の遺言書のチェックをして,遺言者の最終意思を正確に反映するお手伝いをするとともに,遺言書がない場合の遺産分割など,相続人の権利の実現のお手伝いをします。


■ 刑事弁護

keiji数多く手がけている分野のひとつです。
逮捕された被疑者が,身体拘束や取り調べのプレッシャーから虚偽の自白をしないよう法律的・精神的サポートを行います。
起訴後は,罪を否認している被告人に対しては,無罪立証のための証拠集めをします。
また罪を認め反省している被告人に対しては,少しでも刑が軽くなるよう全力で弁護します。
本人との意思の疎通を図るため,接見の機会を多くもつよう心掛けています。


この他にも,建築紛争,消費者被害,不動産取引,医療過誤,借地借家問題,少年事件,外国人問題と様々な法律相談を承っております。