弁護士費用

弁護士費用

費用が気にかかり,弁護士への相談をためらわれている方も多いのではないでしょうか。

■費用の算定について

hiyou
現在,弁護士費用は個々の弁護士がその基準を定めることになっていますが,
当事務所では「旧日本弁護士連合会報酬等基準」に基づき弁護士費用を算定しています。

この報酬会規は平成16年3月31日に廃止されましたが,内容が合理的なので,多くの法律事務所で今なお算定基準として使われています。

身近な案件の例をいくつか挙げますが,依頼者の方の経済状況によりご相談に応じます。

離婚事件 交渉,調停着手金・報酬金20万円〜訴訟着手金・報酬金30万円〜
※ただし,交渉から調停,調停から訴訟へ移行した場合は額の調整があります。
交通事故 一般民事事件に準じます。※弁護士費用特約を使えば,依頼者の方の負担は無料となります。
債務整理 選ぶ手続きによって費用は異なりますが,日本司法支援センター(法テラス)を利用すれば,費用の立替が可能です。
遺言書作成 10万円〜
刑事事件 起訴前・起訴後着手金20万円〜
その他 法律関係調査 5万円〜/契約書類作成 5万円〜/内容証明郵便作成 3万円〜

■初回法律相談無料

shokai
初回相談時に,事件処理にかかるおおよその費用をお伝えし,納得いただけましたら正式に受任という流れになります。
当日は法律相談のみで終了され,一旦ご家族と相談されるなど充分にご検討いただき,後日改めてご依頼いただいても結構です。

なお当事務所では,法律相談につきましては,初回1時間まで無料です。
(以降は30分ごとに5,000円となりますので,ご了承下さい。)

■費用立替制度

また,弁護士費用を支払う余裕がないという方には,日本司法支援センター(法テラス)による費用立替制度もご利用いただけます。
資力基準等の援助要件を満たせば,弁護士費用が立て替えてもらえ,毎月5,000円~10,000円の分割払い(無利息)が可能です。